ギャンブルで勝ち続けているときのげんかつぎ

勝負事にありがちなことの一つに、げんかつぎがあります。
スポーツやギャンブルなど、いろいろなところで言われることも多くあります。
とかくギャンブルに関しては、げんかつぎを実施している人の数だけ種類があるといっても過言ではありません。
その中でも簡単に行えるものとしては「決まった方から服を着たり靴を履いたりする」というものや「勝っている間はひげを剃らない」など、勝っている雰囲気を途切れさせないように、そのままの状態を維持するというものが多いです。
また宝くじや馬券、舟券などでは「当たったときと同じ窓口で購入する」といった事を実行している方も多く見られます。
代表的なものとしてはこのようなものがありますが、少し変わっていたり微妙に違いがあるなど、その数は数え切れないほどあります。
しかし、こうしたげんかつぎを行ったからといって必ず的中したり、良い事が起こるといった事は確定させるわけではありません。
勝負は時の運、といわれるように、その時の運に任せるのが自然かもしれません。

ギャンブルのげんかつぎについて

ギャンブルにはパチンコやスロットなどいろいろありますが、そういったギャンブルをする前に多くの人がやっているのが「げんかつぎ」です。
何をするかは人によって異なりますが、まずは「カメラに対して礼をする」。
見られているという意識があるからなのか、つい頭を下げてしまうという人は少なくありません。
「入店する時は、どちらかの足から入る」。
右足か左足かは人によって違いますが、最初にどちらの足から入ったのかということが重要です。
「定位置に車を停める」。
行きつけの店舗だと、車を停める位置が決まっているという人は少なくありません。
そこに停めないと落ち着かないので、先に誰かが停めていた場合は出直すということすらあります。
「札をすべて同じ向きにする」。
「下向きにすると、逃げられる気がする」「上向きにすると、仲間を呼んでくれる気がする」などの理由から、自分にとってよい向きに揃えます。
「ゾロ目のレシートを携帯する」。
何となく縁起がよいというのが理由です。

Favorite

屋形船の貸切を浅草で考える

Last update:2018/3/6

Copyright (C) 2015 Gambler on. All Rights Reserved.